Life In General

 人生と暮らしを自分らしく最大化する方法の探求

二子玉川のセルフフレンチ『トキオプラージュ・ルナティック (Lunatique TokioPlage)』 でランチ

はじめに

最近ふと思ってしまった。

週末の企画が足りてねーな」と。

仕事で忙しくてストレスが溜まったりなんてしていると、ついつい週末をダラダラ過ごしてしまったりする。

いやもちろんそんなのもいいんですよ。

僕もダラダラするのが嫌いなわけでもないし。

でも、よくよく考えると週末って年に52回しかない

もっと意識的で生産的な過ごし方もあるはず。

ましてや一人身でもないわけだし。

家族のことも考えないと。

妻などは毎日学校や習い事の送り迎えで友達と遊べる時間もなかなかない。

週末にずっと家にいたりすると「どっか行かないの?」という気持ちになっても不思議ではない。

そこで「じゃあどこに行きたいか考えてよー」と言うのはご法度。

そういうタイプの人なら行き先の提案が既にされているはず。

お互いのタイプも踏まえつつ家族の中での役割分担も考えなくては。

とは言いつつもちょっとしたことで良いのだと思う。

少し楽しいことをしたり、所要を片付けたり。

要は意識的であれば。

なーんて言っても当然僕も偉そうなことを言える状況では到底ない。

まだまだ、そうまだまだ修行の身だ。

トキオプラージュ・ルナティック (Lunatique TokioPlage) でのランチ

さて、今週末は妻が久し振りに友達と遊ぶ予定がキャンセルとなった(だから冒頭の能書きになったのだ)。

そこで、それに代わる「何かプランを用意しないと」と考え、二子玉川のセルフのフレンチレストランであるトキオプラージュ・ルナティックでのランチを提案した。

存在は知っていたもののずっと行けていなかった。

場所は多摩川沿いで二子玉川の駅から600m以上離れている。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13026691/

 

その距離感が子供との散歩がてらに丁度良い

到着するとかなり年季が入った立派とは言えない建物が雰囲気を出している。


f:id:czysk:20170226231526j:image

下の階はフレンチだけど、上の階では「ゲッコ」という店名でカキ小屋&BBQもやっている。

さて、トキオプラージュ・ルナティックの何がセルフかと言うと・・・

 

  • 料理は券売機で食券を買ってオーダーする
  • 出来た料理は自分で取りに行く
  • カトラリーやお水は自分で取る
  • 食べ終わった食器は自分で片付ける

という感じ。

僕的には全く苦にならない

むしろ、残ったソースをパンに付けて食べたいのに「お下げして良いですか」と店員さんが来たりしないのが気軽で良い。

入って席を確保したら食券を買ってオーダーする。

 

↓グラスの赤ワイン。なみなみと注がれている。

f:id:czysk:20170226002605j:image

 

ランチでは1、2杯が丁度良い。

 

↓フランスパンとレバーペースト

f:id:czysk:20170226002625j:image

 

レバーペーストが赤ワインに合う!


f:id:czysk:20170226002643j:image

 

↓牛肉の土佐づくり。

f:id:czysk:20170226002656j:image

 

ワタリガニのパスタ(フレンチレストランだけど・・・)。 

f:id:czysk:20170226002709j:image

 

↓フォアグラの乗ったステーキ。税込み1,500円!(安い!)。

f:id:czysk:20170226002723j:image

 

↓ガーリックブレッドを追加。

f:id:czysk:20170226002735j:image

 

メニューの種類はそんない多くないけれど、その分とても早く出てくる。

そして味はどれも値段からすると十分に満足できる。

カジュアルな雰囲気のビストロに味を踏み入れた感じ。

ワイン片手に気軽にフレンチをパクつく感じがリラックスした週末の過ごし方としても良い。

家族4人(大人二人+子供二人)で約6,000円だった。

今度は「ゲッコ」に行ってみようかな。

更に

このお店は多摩川沿いにあるので、食べた後に子供達と河原で遊ぶことも出来る。


f:id:czysk:20170226234527j:image

 

子供って不思議だけど、何にもない河原でも十分に楽しんでくれる。

「大人の発想で考えてはいけないなぁ」と本当に思う。

子供にとってもちょっとした企画が大事なんだなと改めて感じたりした。

本日のBGM


The Go-Go's - Our Lips Are Sealed