Life In General

 人生と暮らしを最大化する方法の探求

ふるさと納税でセイコ蟹をとことん満喫する (苦手と思っていたことをする)

ふるさと納税を始めてみた

ふるさと納税はもう随分と前からある制度だけど、自分の中ではどこか「面倒くさいのかな?」といったイメージがあって敬遠していたというか無関心だったのだけど、それがそもそもの間違いだった。

きちんと理解してみると後述する通り納税者にとっては使わない選択肢は無いとも思える制度なのだ。

人って「思い込み」であったり、「得意・不得意」を勝手に決めつけて見逃してしまっているものが結構あるのではないかと思う。

僕は元々は税金の話などはかなり無頓着な方であった。

勿論、何でもやれば良いというものではないし、自分なりのポリシーを持つことも重要ではあるけど、自ら勝手に偏狭な視野を自分に植え付けているのかもしれないので、そこは気を付けたいところ。

自分の周りにも『ふるさと納税』をやっているか少し聞いてみたのだけど、やっている人は案外少ない、というより僕から質問してやっていた人は今のところいない。やはり面倒くさいと思ってしまっている人が多いようなのだ。

かくいう僕も積極利用している取引先の人から話を聞いて始めようと思ったのだ。

ふるさと納税の利用は相当に広まってきている様で日経新聞によると2015年の寄附金額は前年の4倍以上で1600億円を超えているとのことだ。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税』がどういうものかについては既に多くのサイトで詳細も含め説明されているので、それらに譲るとしてここでは今更ながらざっくりとした概要について書いてみたい。

  • ふるさと納税で任意の自治体(自分の故郷でなくても良い)を選んでそこに寄附をする。そして、その自治体から寄附のお礼として返礼品を受け取ることが出来る

ここまでは、返礼品の豪華さが話題になっていることもあって広く知られていることだと思う。

そして、ここからがポイントなのだが、

  • 寄附した金額は、(確定申告をすると)「ある上限金額」までは2,000円を除いて税控除という形で将来返ってくる

すなわち、「ある上限金額」までは2,000円の実質負担で返礼品を頂くということになる。

上限金額は自分の納税額によって変わってくる。

例えば、上限金額が10万円の人がいたとして、10万円を寄附して返礼品を受け取ると将来に(確定申告をすると)税控除の形で9万8千円が返ってくるのだ。

10万円を寄付すると、ブランド牛肉やらブランド豚肉やらお米やら鶏肉やら果物やらかなりの返礼品が貰えてしまう。それらが実質2,000円の負担で入手出来てしまう。

僕がざっと見ただけでも返礼品には寄附額の1/4から1/3の価値はありそうだ。1/2であったりそれ以上な物もあるようだ。

仮に1/3であったとして、10万円寄附すると貰える返礼品の価値は3.3万円だ。ということは2千円で3.3万円の価値の物が手に入ることになる。費用対効果が10倍以上だ。

寄附する先が少ない等の条件を満たせば確定申告をしなくても良い、より簡素な方法もある。

納税者に返ってくる9.8万円は一体誰が負担しているのか?それは、住民税を控除する自分の自治体と所得税を控除する国だ。

高額納税者(上限金額の高い人)は都市部に多いから、税収が比較的恵まれている都市部から地方にお金をシフトさせようという狙いの政策なのだ。

でもその過程で税収の一部が返礼品に化けてしまうので、当然批判もつきまとう。

また、納税額の多い人の方が恩恵を受けることを非難する向きも一部ではある。

但し、一方で税の話については、元々が取り過ぎではないかとか、今後高額所得者の専業主婦の扶養控除が無くなるといった話もあるので、『ふるさと納税』だけを取り上げるよりは全体感のある議論が必要なのかもしれない。

返礼品の過当競争などで、いつか制度が見直しになる時はあるかもしれないが、とりあえず僕は今『ふるさと納税』をやってみると決めた

www.furusato-tax.jp

ふるさと納税サイトを使う

ふるさと納税』を行うのは本当に簡単だ。

今は、Amazonの様なインターネット通販の感覚で返礼品から寄附をしたい自治体を選べ、寄附手続きまでがサイト上でクレジットカードを使って出来てしまうのだ。

ふるさと納税』専門のサイトが多いが、楽天市場の中にもふるさと納税のサイトがある。

ちなみに僕は『さとふる』を使っているが色々見てみて自分に自分に合うところを選ぶのが良いと思う。

www.satofull.jp

event.rakuten.co.jp

セイコ蟹が届いた

そして、ついに僕が初めて寄附した福井県小浜市から蟹が届いた。

冬の季節だけに蟹が食べたいと思ったのだ。

東京に住んでいると自宅で蟹を食べることがなかなかない。

スーパーなどで売っているものは高いし、当たり外れがある。

蟹の通販サイトなどもあるのだけど、誇大広告で外れたら悲しいのでなかなか一歩を踏み出せない。

築地などに出かけていければ良いものもあるのかもしれないけど・・・。

ということで、『ふるさと納税』が渡りに船になったのだ。

蟹を返礼品として出しているところは沢山あるが、僕が小浜市のセイコ蟹(ズワイ蟹のメス)を選んだ理由は

  • ミソや内子を楽しみたかったこと→セイコ蟹(香箱蟹とも呼ばれる)が良かった
  • 冷凍ではなく冷蔵で発送してくれる品だったこと

冷凍で蟹が送られてくると解凍した際にミソが水分と共に溶け出したりして楽しめない。ミソを楽しみたい蟹に冷凍は不向きなのだ。

そして、茹でられた後、冷凍ではなく冷蔵状態で届いた蟹がこちら↓。

 
f:id:czysk:20161218140914j:image

 

前かけを外してみると外子・内子がびっちり


f:id:czysk:20161218140929j:image

 

 小ぶりなセイコ蟹なので身は少ないが、取り出して甲羅に乗せてみる。


f:id:czysk:20161218220138j:image

やはり冷凍していないので、身が水っぽくなく、しっかりとした蟹の味を感じる。

外子は少し薄い味で好みが分かれるかもしれない。ほのかな塩分が良いと言えば良いが、なんと言っても素晴らしいのは内子とミソ。濃厚で最高!!!!!

正に求めていたもの。

子供達があまり積極的に内子を食べないので、僕の元には内子とミソが沢山!

f:id:czysk:20161218220158j:image

 

これに馬路村の美味しいポン酢をたらしてつつきながら日本酒を飲む
 
f:id:czysk:20161218140945j:image

 

最高に幸せ・・・

 

蟹飯を作る

10パイもあるので、送られてきた箱に入っていた紙に書いてあった蟹飯を作ってみる。

たまたま読者になっているブログでも蟹飯が紹介されていて絶対に食べたいと思っていた。

先ずは蟹の外子・内子・ミソを取ってから洗って準備をする。

 

f:id:czysk:20161218212825j:image

 

作り方には書いていなかったが小さいだし昆布を敷いて、醤油とお酒を適量入れて蟹を乗せる(外子・内子・ミソも)。 


f:id:czysk:20161218212846j:image

 

水の量は普通に炊く時と同じで大丈夫。

ちゃんと出来た↓。


f:id:czysk:20161218212901j:image

 

2合に対して小ぶりなセイコ蟹1パイで十分に味が出て美味しい!


f:id:czysk:20161218212916j:image

 

これはたまらん。

セイコ蟹を心ゆくまで満喫した。 満足度マックスだ。

ふるさと納税』やはり凄い。

本日の台所でのBGM


The Chainsmokers - Closer (Lyric) ft. Halsey