Life In General

 人生と暮らしを最大化する方法の探求

美味しいパンで朝を迎える 桜新町「ベッカライ・ブロートハイム」

早朝ゴルフの練習に行く。

完全に自分のための行動。

そして、帰りに家族の朝ご飯としてパンを買って帰る。

少し喜ばれる。

完全なるジコマン

でも、週末の朝を美味しいパンで迎えるというのはちょっとした幸せではないか。

 

f:id:czysk:20170813110456j:plain

f:id:czysk:20170813110546j:plain

 

ベーコンとチーズの塩梅が美味しいパン生地と相まってたまらん。

 

f:id:czysk:20170813110631j:plain

 

桜新町にある美味しいドイツパンのお店。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13001529/

itot.jp

 

 

夏休みの1ページ: ベトナム ニャチャンへの旅行。Fusion Resortに泊まる

今年の夏休みはベトナムのニャチャン

毎年その時期にしているのだけど、子供の学校が夏休みになってすぐに旅行に出た。

行き先はベトナムニャチャン

4年前にダナンに滞在してそれなりに良かったのでもう一度ベトナムのリゾートに行ってみようということになったのだ。

ホーチーミン経由でニャチャンに着いてみるとやっぱり暑~い。

日差しが滅茶苦茶強い。

 

Fusion Resortに泊まる

かつてダナンでも滞在したFusion Resortは、現地資本ながらセンスが 良く、部屋も大きく、スタッフも良心的。

ダナンの室内インテリアは多少アジアンな雰囲気があったが、ニャチャンのFusionはよりモダンでミニマルな感じだ。。

ダナン同様レストランが少なく(実質一つ)更にニャチャンの街から遠いのが玉にキズだが、毎日のSPA代金も宿泊代金に含まれていて満足度は高い(SPAインクルーシブと呼ばれている)。

このSPA、空いていれば1日に何度でも無料でマッサージなどが受けられる。

さすがに夏のピークには混んでいて何度もというのは難しいし、子供もいてマッサージだけに勤しむわけにもいかないが、僕たち夫婦も大体1日1回は色々あるメニューから選んでマッサージを受けた。

腕前は最高というわけではないが、無料ということを考えれば十分。マッサージを受けるSPA施設も高級感があって雰囲気がある。

広々とした敷地。
f:id:czysk:20170728232756j:image

開放的なフロント。
f:id:czysk:20170728233056j:image

インフィニティープール。
f:id:czysk:20170728233149j:image

部屋からの眺望。

f:id:czysk:20170729124806j:image

レストランからの眺め。
f:id:czysk:20170728233229j:image

夜も雰囲気良し。
f:id:czysk:20170728233125j:image

僕らが滞在した部屋は何と2ベッドルームで180m2もある(日本の自宅より広い・・・)。

こちらがメインのベッドルーム。

f:id:czysk:20170730223248j:plain

メインのバスルーム。

f:id:czysk:20170813091035j:plain

SPA施設。

f:id:czysk:20170812224711j:plain

毎日プールに入った(プール付きの部屋で無かったのは残念)。

f:id:czysk:20170812224754j:plain

朝日や夕日の景色はビーチリゾートならでは。

f:id:czysk:20170812224907j:plain

f:id:czysk:20170812224913j:plain

f:id:czysk:20170812224921j:plain

f:id:czysk:20170812224926j:plain

場所はニャチャンというよりはカムランという街に近い。

f:id:czysk:20170812221347j:plain

これはもうベトナムはどこもそうだけど、とにかく建設ラッシュ。

f:id:czysk:20170806215754j:plain

Fusionの近くも欧米系やアジア系のホテルの開発が数珠つなぎで行われている。

「本当にそこまでの需要があるのか?」と思ってしまう。

Fusionの隣にも今年オープンしたタイのEastinが作ったリゾートホテルがあったけど、閑散としていた。

f:id:czysk:20170809222331j:plain

宿泊先は選びはやはり重要だ。

 

ニャチャンの街

本数が少ないホテルのシャトルバスでニャチャンに繰り出すと、ロシアと中国からの観光客が沢山。

ロシア以外でこんなに沢山ロシアの人を見たのは初めて。

ニャチャンセンターのフードコートにもメニューロシア語が。

f:id:czysk:20170809221443j:plain

どうもロシアからの直行便があるからとのこと。

日本人は本当に少数しか見かけなかった。

正直街はゴミゴミとしている。

どちらかというと古い田舎町だが、古さがあまり味にはなっていない(失礼!)。

f:id:czysk:20170812222900j:plain

 

 

ニャチャンでお勧め出来るお洒落なお店

ニャチャンの街を探索しきったとはとても言えない(そもそも暑い中子連れではなかなか難しい)のだけれど、僕的に唯一お勧めできると思ったのがこの「LIVIN Collective」というお店。

お洒落な雑貨屋にBBQを出すレストランが併設されていて、ベトナムクラフトビールを飲むことも出来る。

f:id:czysk:20170812204101j:plain

f:id:czysk:20170806215906j:plain

ベトナム料理ではないけど、BBQも美味しかったよ!

f:id:czysk:20170809214633j:plain

 

困った挙句に空港で食事

正直カムラン側で食事しようと思ったら、カムラン空港に行くしかないかも。

空港には何件かレストランがあって、僕らが入った店はなかなか味も良かった。

f:id:czysk:20170812211429j:plain

旅行に来て、空港の目の前のカフェみたいなところでご飯するのは何とも違和感があるのだけど。

そんなお店で食べたプリップリのブラックタイガー

f:id:czysk:20170812210511j:plain

12尾で2,400円くらいだったけど味は折り紙付き。

日本では食べたことが無いと思うくらいのサイズと食感。

これと比べるとホテルで食べた値段の高いシーフードBBQは全然美味く無かった(しかも家族4人で2万円くらいした!!)。

f:id:czysk:20170812223049j:plain

空港にはバーガーキングもある。

f:id:czysk:20170812223204j:plain

家族旅行だとこれ位でいいなって日もある。

 

どローカルなレストランにも挑戦

とにかく食べるところ探しには苦労し、一回ホテルの従業員の方に近くにシーフードのレストランは無いかと訊いてみると「ローカルだけどお勧めがある」と言う。

その言葉を信じてタクシーで言ってみるとかなりのローカル感・・・(写真は無いのだけど)。

衛生面も???な感じ。

連れてきたタクシーの運転手も「何でこんなところに行くんだ」「ニャチャンの方がよっぽどいいぞ」と拙い英語で言う始末。

まぁ、日本的な衛生面を言っても仕方ないし、僕は対外大丈夫なのだけど、お店にはトカゲも大量にいて、家族はかなり引いてしまった。

英語も全く通じないので、注文は従業員のお姉さんのiPhoneでグーグル翻訳。

但し!

出てきた料理の味は・・・、最高に美味い!!

巨大なブラックタイガー!!

f:id:czysk:20170812223844j:plain

焼き加減も抜群。身の弾力が凄い!

f:id:czysk:20170812224034j:plain

ライスペーパーに巻いて食べる魚料理もイケる!

あまりゆっくりせずに帰ったのだけど、店の外観に寄らず値段は6千円以上とそこそこした。

尤も日本で同じものを食べたらそんな値段では済まないわけだけど。

勇気のある方はカムランローカルも是非という感じだろうか。

 

僕なりのニャチャンのリゾートとしての評価

結論から言ってしまうと・・・。

星二つ! ★★☆☆☆

しかも贔屓目にみて・・・。

 

<プラス>

  • リゾートホテルでゆっくり出来る
  • 海はそこそこ綺麗
  • 上手く当たるとシーフードは美味い

<マイナス>

  • ベトナム来た!という程は物価の安さを感じない(むしろ質の割には日本より高いと感じる瞬間さえあった)
  • 街は正直ゴミゴミしていて高級リゾート感が無い
  • 部屋の大きいリゾートは街から遠く食事場所に苦労する
  • お洒落あるいは面白いお土産屋さんが無い
  • ダナンの様に近傍にホイアンやフエといった歴史的名所が無い

 

勿論家族で行けばどこだって楽しいのだけどね。

でもニャチャンでリピートするよりは違うところを試すかな。

 

 ホーチミンとの組み合わせで楽しもう

今回はニャチャンで6泊、ホーチミンはトランジットで1泊だけだったのだけど、正直ニャチャンを1泊減らしてホーチミンをもう1泊増やしても良かったかも。

ホーチミンの発展は目覚ましい。

昔から存在しているのであろうお店もあるし、お洒落な新しい界隈もある。

ラッキープラザなど、お土産を調達出来るところも沢山あるし。

f:id:czysk:20170812225134j:plain

Tシャツなどは400円程度で調達可能。
f:id:czysk:20170812214832j:image

女性にはカゴバッグなど良いかも。
f:id:czysk:20170812214842j:image

 

最後に

なんだかんだ書いたけど、やっぱり旅行はいいなと。

子供達も大きくなって一緒に出掛けるのも難しくなるけど、色々と工夫をしていかないと。

良い人生に楽しい旅行は欠かせない(僕的には)。

今年はゆったりめのポロシャツをワードローブに加える

はじめに

ファッションというのは面白い。

「今年は細め」とか「今年は太め」というのは誰が決めるのだろう??

どこの誰かが提唱し、徐々に広まり定着するのだろうけど、ついこの前までは流行りだったものが、いつの間にか「ダサい」になっていたりする。同じ洋服なのに。

日本ではその移り変わりが特に早い気がする。

アメリカなどに行くと何十年も同じ格好をしたりしている様な人が沢山いる。あまり流行が意識されていない。

僕も特段流行を意識しているつもりはないが、多少なりとも飲み込まれてしまっているところはある。

LACOSTEのCLASSIC FITのポロシャツを購入

どこかの雑誌で今年はゆったりめのポロシャツみたいなことが書いてあってこれが紹介されていた。

「確かに最近はタイトなものが多かったもんなぁ」「今夏はリゾートに行くし、少しゆったりめなのもいいなぁ」と感じつつユナイテッドアローズUA)で手に取り購入(結局流行に惑わされている?)。


f:id:czysk:20170625212836j:image

 

写真がヘボくて分かりにくいけど目が非常に細かい鹿の子ポロ。

手触りなめらかで少し大人っぽい。


f:id:czysk:20170625212850j:image

 

EXCLUSIVE EDITIONということだからUAだけの取り扱いなのかな。オンラインで見ても何故か出てこない。

ワニのマークが生地と同色で目立たないのもお洒落だし、ゆったりとしたシルエットもダボつき過ぎず丁度良い

満足度MAXな買い物だった。

値段は13,000+税。でも、株主優待で15%オフになった。


f:id:czysk:20170625212858j:image

遠近両用のソフトコンタクトレンズ(プロクリア ワンデイ マルチフォーカル)を購入! そう、老眼になったのだ・・・

はじめに

寄る年波というのはあると実感しつつある今日この頃。

正直老眼なんて無縁だと思っていた。何の根拠もなく・・・。

でも、やっぱりやってくるんだね、こいつは。

まあ昔なんて目が悪くなるとも思っていなかった。

十代最後くらいまでは視力1.5から2.0くらいあったので。

でもそこからは下り坂。悪くなる一方。

ここしばらくはアキビューのシリコン製コンタクト、トゥルーアイを愛用していたのだけど、最近とにかく近くが見えない

文庫本を読むにはすんごーく離さないと全然ダメ。

これではイライラが募るばかり。

不必要なストレスが溜まる。

ということで、買ってみましたよ。遠近両用のソフトコンタクトレンズを。

プロクリア マルチフォーカルを購入

僕はこういう実用品を買う時、少しだけリサーチする。

やっぱり無駄な買い物はしたくないし。

でもほんの少しだけだけど。

これまでアキュビューシリーズしか使ったことが無い僕だけど、こんなサイトがあったので参考にさせて貰った。

 

nocontact-nolife.com

 

どうも遠近両用(のソフト)は機能を詰め込んでいるだけに、遠い方も近い方も少しばかりぼやけるらしい。やはり完璧なものというのはなかなか存在しないのですな。

とはいえ、今の僕には近くが見えないイライラの方が大きい。

その理由で買うのを躊躇する気にはなれなかった。

ここで一位にランクされていたのがCooper Vision製の「プロクリア ワンデイ マルチフォーカル」

買いに行った「アイシティ」でも1位だった。

どうも上記サイトによると近くの見え方はそれ程優れていないようだ。

しかし、遠くはしっかり見えるらしい。

元々近視用(遠くを見る用)のコンタクトをしていたわけだし、老眼になりたてなので、とりあえずはランキングを信用してこれにしてみた。

 
f:id:czysk:20170618213300j:image

 

装着してみて

近くの見え方はさほどではないとサイトにはあったが、僕的にはこれでもかなーり見えるようになった。

素直に嬉しい

元々プロクリアは遠近両用でなくとも潤いが長く続くようなので、そこも楽しみ。

遠くは確かにアキュビュー トゥルーアイほどではないかもしれないけど、支障は今のところ全く感じない。

但し、注意しなければならないところはあって、眼科のスタッフの方によると遠近両用のソフトコンタクトレンズは暗闇で遠くが少し見え難くなるらしい。だから夜間の運転などはそこを念頭に置かなければならないとのこと。

夜運転するときは残っているトゥルーアイを使おうかな。


f:id:czysk:20170618213316j:image

 

最後に

老眼というのは当然老化現象であって喜ばしいことではない。

でも今の時代、こんな便利なものがあるのだから嘆くよりはそれを使ってガンガン人生を楽しめばいいのだ。

値段は普通のワンデイの1.5倍くらいするけど。

下手なゴルフももっと簡単なクラブを探した方がいいかなぁ。なーんつって。

インソールで毎日の歩行を楽にする

はじめに

仕事で履くドレスシューズにインソールを入れてみたくなった。

毎日歩くのだから快適な方が良くない?』という単純な発想。

身の回りのちょっとしたこと、実は気が付いていないだけで快適に出来ることが沢山あるに違いない。

 

ABCマートでインソールを購入

子供のスニーカーを買ったついでにインソールを購入。


f:id:czysk:20170506012458j:image

 

1,000円程度のものが何種類かあった。

値段が安かったし予備知識はあまり無かったので直感的に選択。あまり厚すぎない方が良いと考えた。

ネットで見ると3,000円代くらいのものも多く見掛ける。少し高級なのかな。

 

いよい装着

中味はこんな感じ。

黒だと目立たなくて良い。


f:id:czysk:20170506012513j:image

 

かかとには衝撃吸収材が。

大きさは、つま先部分をカットすることによって自分の靴のサイズにぴったり合わせられる。

但し、切り過ぎには注意が必要。


f:id:czysk:20170506012523j:image

 

そしてオールデンのVチップに装着してみる(画像がいまいちですみません)。


f:id:czysk:20170506012603j:image

 

幅も含め凄くいい感じに収まった。

 

履いた感想

最初はかかと部分が高くなるので、靴を浅く履いている感じがし、少々違和感があった。

また歩いてみると慣れないせいか足の甲が痛くなりそうな予感。

しかし、歩き続けてインソールが馴染んだのか30分過ぎくらいから劇的に快適になった!

オールデンは元々履きやすい靴ではあるけれど、それでも(当然ながら)クッション性は段違いに向上した!素晴らしい感触。

たまたま仕事の行き先が駅から20分以上歩くところだったのだけど、楽々で到着。

これはいい!

 

最後に

ふと思い立ってインソールを使ってみたけど大正解だった。

冬場など革靴は底から冷えるから寒い季節も手放せなさそう。

但し、ジャストフィットの靴の場合、インソールは薄目が良い。

はじめからインソールを入れることが分かっているのならほんの少し大きめの靴を買うのが正解かも。

持っている靴ごとに買うかというと、靴をしまっている間はシューツリーを入れるので逆に邪魔になる。

ドレス用とカジュアル用で2セット持っておいて使いまわせば良いのではないかな。

ではでは。

 

2016年に初めてふるさと納税をした僕の返礼品7選

はじめに 

2016年に初めてふるさと納税をやってみた。

インターネットでの申し込みの手続きはすこぶる簡単で、確定申告も問題なしだった。

返礼品も色々と貰えて生活も少し華やいだ

そんなふるさと納税初心者の僕が選んでみた返礼品を紹介する。

 

福井県小浜氏 朝ゆでセイコガニ 10ハイ

www.satofull.jp

ふるさと納税を始めて最初に頂いた返礼品がこちらだった。

都内の和食屋さん等で頼むともの凄く高価なセイコガニ(あるいは香箱ガニ)。

それを自宅でとことん満喫出来るなんてもの凄く幸せだ。

旬を意識した食生活をするのは子供達にとっても良いことだと思う。

我が家にある種のカニブームが巻き起こった(「お前が勝手に巻き起こしているんだろ」とカミさんに突っ込まれそうだけど)。

詳しくはこちらで紹介している↓。

 

czysk.hatenablog.com

 

② 北海道八雲町 特大三特毛ガニ 650g×2杯

www.satofull.jp

 

ふるさと納税はやっぱ蟹じゃない?」と僕は思ってしまう。

蟹ってやっぱ普段買う機会があまりない。

大袈裟に言うとふるさと納税によって蟹が当たり前の様にある生活が出来てしまう。

そこで2016年は毛ガニも頼んだ。

毛ガニの素晴らしさは何といっても身の味の濃さ

安い毛ガニは小ぶりだけど、ここのは特大というだけあって本当にデカかった!


f:id:czysk:20170312102008j:image

 

当然冷凍なのだけど、良い状態で、時間をかけて冷蔵庫で解凍するとミソも溶け出さずに割としっかり残っていた


f:id:czysk:20170312110647j:image

f:id:czysk:20170312102022j:image

 

身もバッチリ!


f:id:czysk:20170312102033j:image

 

ミソと和えて食べたりすると日本酒が進む!


f:id:czysk:20170312104349j:image

 

③ 北海道森町 新鮮ないくら醤油漬(400g)と数の子松前漬(450g)のセット

www.satofull.jp

 

自宅で思いっきり贅沢ないくら丼をやってみたいと思い、この返礼品を頂いた。

それにしてもいくら醤油漬400gというのは相当な量であることが分かった・・・。

更に松前漬けも付いてくる。

これも食べ切るのはなかなか大変。

少しずつ解凍して食べられると良いのだけど。

とりあえずサーモンのたたきと一緒に丼にしたり。


f:id:czysk:20170312104052j:image

 

お茶漬けにしてみたり。 


f:id:czysk:20170312104107j:image

 


f:id:czysk:20170312104120j:image

 

子供からは「卵かけご飯の味がする」との突っ込みが。

でも、確かに醤油漬けのいくらってそんな味がする。

醤油漬けであるってことを前提に選ばないとね。

あと、松前漬けも含め食べ切るのが大変だから量は本当に考えないと。

 

佐賀県唐津市 佐賀県産 華味鳥4kgセット

www.satofull.jp

 

コストコに行った感覚で鶏肉が沢山あると便利かなぁと思ったのだけど。


f:id:czysk:20170312104133j:image

 

いや、確かに美味しいお肉で良いのだけど2キロの袋に入ってくるので、一度解凍すると食べ切るのが大変!

しばらく鶏だらけになってしまい家族からは冷たい目線も。

もう少し小分けになっているとなぁ、最高なのだけど。

 

佐賀県嬉野市 佐賀牛 すき焼き用 900g

ふるさと納税と言うと何故か「牛肉」というイメージがある。

返礼品で牛肉を貰ったという人が多いからかもしれない。

やっぱり「折角の機会だから」と高級肉にいきがちなのだろうなぁ。

ご多分に漏れず僕も・・・。

 

f:id:czysk:20170312105708j:image

 

そして、すき焼きで美味しく頂きました。

 

f:id:czysk:20170312105731j:image
f:id:czysk:20170312105751j:image
f:id:czysk:20170312105830j:image

 

我が家(僕)は薄味主義です。

胸やけしないようにね。 

 

長崎県時津町 温州早生みかん(ご家庭用10kg)

やっぱ冬場はみかんですよ。


f:id:czysk:20170417224307j:image
 

実家が箱買いしていたのを思い出して寄附した。

悪くならないうちにどんどん食べる。

子供の頃は無限に食べられる気がしたなぁ。

 

⑦ あとはビール

www.satofull.jp

www.satofull.jp

 

ビールは飲む家にとっては間違いのない選択

全部ビールにしたという人もいたなぁ。

家での飲み代が浮くのと同じだもんね。

 

まとめ

個人の好みによると思うけど「蟹」「牛肉」「ビール」とかはやっぱり良かった

あと、2016年は年末に思い立って集中的に寄付したのだけど、やっぱり年の中で分散させた方が、コンスタントに盛り上がれて良いのではないかと思う。

今年も色々探してやるぞ!

ニューバランス ゴルフシューズ MGB574

久し振りにゴルフシューズを新調した。

持っているアディダスのソールが剥がれ限界だったので・・・。

あらゆる靴メーカーがゴルフシューズに参入している(気がする)今日この頃。

ニューバランスにしてみましたよ。

 

f:id:czysk:20170501071518j:image

 

shop.newbalance.jp

 

ニューバランスとしては比較的低価格なスニーカーである『574』をそのままゴルフシューズにしたデザイン。

外見は「スパイクレスかな?」と思わせるものがあるが、ソールにはスパイクが付いている

ランニングシューズは本来横方向への力には弱いのだけど、そこはきちんと考慮されているのか特段問題は感じなかった。

つま先が少し細目なので、幅広を好む人は狭く感じるかもしれない。

いずれにせよクッション性も良く、履き心地は快適

今回初めてくるくる回して紐を締めるBoaクロージャーシステムが採用されたシューズを購入したのだけど、これは使ってみると秀逸

殆どの靴がBoa付きになっているのも良く分かる。

これを発明した人は今頃大金持ちになっているのだろうなぁ。

ゴルフシューズで2万円近くするものを買ったのは初めてかも。

良い買い物であったけど、ここ2ラウンドのスコアは酷かった。

上達しないなぁ。

いずれにしても値段にかかわらず納得出来る買い物が出来ることは重要だ。